税理士事務所トップへ戻る

贈与

相続税は人が亡くなった時に、その亡くなった人が保有していた財産を、各相続人が相続した時にその相続人にかかる税金です。  「では、亡くなる前に配偶者や子供たちに全部財産をあげてしまえば、相続税がかからずに財産を移せるではないか……」そう発想する人もいるでしょう。  そんなことを国が許すわけがありません。そのような生前贈与をした場合にもちゃんと税金が発生するのです。それが「贈与税」です。 また、「タダ」ではないにしても、「適正な時価」よりもはるかに安い価格で売却した場合にも、その差額に対して「贈与税」がかかってしまうことがありますので、「時価」には注意が必要になります。

生前贈与の税率は相続税の税率よりもはるかに高く設定されています。しかし、最近の傾向では、景気浮揚策の意図もあり、生前贈与を奨励する税制改正が続いております。

贈与税に関する質問

ケース1:贈与税はかかるのでしょうか

初めて質問させて頂きます。父75歳 母69歳 子供は私(長男)46歳の他に妹が2人おります。今回は私のことで質問させて頂きます。現在は、事務機メーカーに勤務している給与所得者で、年収は大凡500万円ぐらいです。私には妻と子供2人(ともに高校生)がおり、実家近くのアパートに住んでおります。この度、両親と同居することになり、実家を取り壊し、新築することになりました。建設会社も決まり、銀行からの融資(1,200万円)も決まりましたが、父から1,000万円と母から300万円の資金贈与を受けることになりました。自己資金は1,000万円の予定です。俗にいうところの、2世帯住宅(建築価格は3,500万円)となる予定です。両親も同居するのですが、贈与税はかかるのでしょうか。また、土地は父のものですが、使用料を払う予定はありません。この場合の土地使用料相当額にも贈与税はかかりますか。

◆質問のポイント
質問の趣旨は、贈与税がかかるのか否かの判断であると思われます。この場合、どうしても必要な情報として、以下のものが必要になります。
1 贈与者の情報
(贈与者情報として、年齢、続柄、同居・別居の形態、職業、所有する財産額)
2 受贈者の情報
(受贈者情報として、年齢、家族構成、職業、年間所得額、建築価格、借入金額、自己資金情報)

 

ケース2:贈与税の基礎控除110万円は本当ですか


お世話になります。贈与税の基礎控除について質問します。私は46歳の長男です。今まで毎年8月13日に父(75歳、私とは別生計)より110万円ずつ贈与を受けてきました。その金額が1,650万円になったので住宅を建築する計画をたてておりました。知人に聞きましたところ、その1,650万円は贈与税を納めなければいけないといわれました。私としては、毎年110万円以内での贈与だから関係ないと思っていたのですが、実際のところはどうなのでしょうか。

◆質問のポイント
質問の趣旨は、贈与税の基礎控除110万円の話だと思うのですが、実は贈与そのものの問題があります。この場合に必要な情報としては、贈与がどのように行われていたかが必要になります。

 

 

 

次へ
お問い合わせ