人間は、生まれてからその一生を閉じるまで、税金と密接に関わりをもっています。

ご承知の通り、生まれて両親の扶養家族となり税金を軽減します。扶養家族の成長に伴い年齢によって、軽減される税金の額も異なります。そして、就職あるいは結婚によって、税金もその人その人によって違ってきます。住宅を取得したとか、あるいは婚姻期間が相当年数経過すれば、やはり税金が絡んできます。そして、残念ながらその一生を閉じたときには、相続が発生します。

私ども税理士は皆様方の生活に密着しているのです。